不眠症の改善のための、安心感を持った日々を生きる方法

グラストンベリー2009夜明け後

 

 

不眠症、眠れない不安を劇的に、改善目指す楽寝指圧を提供する

ヒーリング指圧院の渡辺浩章です。

今日も不眠症改善を目指して心と体にアプローチしていきましょう。

 

今日のテーマは

不眠症の改善のための、安心感を持った日々を生きる方法

です。

この生き方を試すことで

物事にチャレンジしやすくなります。

不眠症が改善するだけでなく、不安症にも前向きな変化があります。

自分の居場所を見つけやすくなります。

 

 

 

 

何をするのかというと…

 

 

 

 

自分の中のダメだと思っている部分を積極的に「これで良い」と思ってあげる
事です。

良い事をしたから可愛がられた。

成績が良かったから褒められた。

ある一定の条件がそろった時のみ褒められたり可愛がられてきた人は、条件付きの愛によって育てられたのかもしれません。

条件付きの愛の中で育ってしまうと、「良いことをしたから可愛がられた」ので「良いことをしなければ可愛がられることがない。」

「成績が良かったから褒められた」ので「成績が良くなければ褒められない。」
と言う考え方が頭の中で出来上がってしまいがちです。

そうすると「常に成績が良くなければならない」とか「常に良いことをし続けなければいけない」と言う一方的な考えが頭の中を支配することになります。

結果、大人になってからも常に気が抜けない、安心感が持てない日々を送らなければいけなくなるかもしれません

甘えられない人もその類でしょう。

本当の愛ならば、子供は何をしなくても愛でてくれる、無条件の愛の中で安心感がはぐくまれていきますが、そうでない環境で育ってしまうと上記の通り中々心に安心感が持てない大人になってしまいます。

もしこれを読んでいるあなたがコレに当てはまるなら、できない自分やダメだと思っている自分に対して「コレで良いんだ」と認めあげてみてください。

おそらく最初は心の中で反発が起こるでしょう。

そうしたら、その反発心も「良い」と認めてあげてみてください

 

 

その積み重ねが段々と意識のシフトを起こすでしょう。

 

 

実際僕も偉そうな事は言えない状態でした。

かなり人に甘えられないタイプでしたが、思考の習慣を変えることによって少しずつ溶けていった経験があります。

 

日々の積み重ねだと思います。

 

意識を大きく変えるには、小さな積み重ねから☆

(渡辺)

以上、不眠症で眠れない不安を劇的に改善する楽寝指圧を提供する

ヒーリング指圧院の渡辺浩章でした。

 

都内の男性が50代から安眠体質になるために、体と心両方へのアプローチ。

治療中も90%以上の人が眠り、自立した不眠症の改善をサポートします。

 

不眠症の改善のための心身が楽になるコツやお話を配信中です。

ブログやネットでは公開しきれない内容もメルマガで公開中です。ぜひ登録してください

メルマガ登録はこちら↓

https://24auto.biz/healingshiatsu/touroku/sp/entryform2.htm